秋田県湯沢市にあるサン・ミッシェル教会は本物の素材をふんだんに使用して建てられた本格的ウェディングチャペルヨーロッパの邸宅をイメージして建てられたゲストハウス、 アヴィニヨンを貸切ってのシビルウェディングなど、当チャペルではオーダーメイド感覚でオリジナルの結婚式披露宴をご提案しております。

 

湯沢ロイヤルホテル直営の独立型チャペル サン・ミッシェル教会St.Michel

 19世紀のヨーロッパから、21世紀の湯沢へ-

  -時を越え

   -海を越えてやってきたチャペル


 英国から直輸入された伝統的な門扉を開くと、旧ユーゴスラビア産の大理石を敷き詰めた12メートルを誇るヴァージンロード。

 三基ある薔薇円花窓(ローズウィンドウ)はサン・ミッシェル教会のシンボルです。祭壇中央のステンドグラスは19世紀の英国製で5メートルの高さがあり、 自然光があふれるように差込んで厳粛かつ壮麗な輝きを放ちます。

 永遠の愛を誓うお二人を祝福の光で満たすことでしょう。

 

 

チャペルへの移動はロンドンタクシーで送迎しますLondon Taxi


 チャペルからホテルまでは車で約5分。

 ゲスト様はシャトルバスで、新郎新婦様はロンドンタクシーにて送迎致します。

 ロンドンタクシーの後部座席は対面式シートで比較的広い空間のため、ウエディングドレスを着ていてもゆったりできます。

 

 

幻想的な光に包まれるナイトウェディングNight Wedding

 サン・ミッシェル教会では、ナイトウェディングも行えます。

 幻想的な光に包まれたチャペルで昼間とは一味違った雰囲気での挙式&披露宴パーティーは、 二人はもちろんゲストの方々にとっても印象的な結婚式として記憶に残るでしょう。

 


サン・ミッシェル教会、ゲストハウス アヴィニヨンの家具・備品等概要






ステンドグラス(祭壇中央)

 1890年 英国製
 図柄 グッドシェパード(キリストの別名称)

 




ステンドグラス(祭壇両側)

 1870年 ベルギー・ブリュッセルの教会から
 グリザイユ様式

 







ステンドグラス(祭壇左手奥)

 1901年 フランス製
 ベルエポック様式

 




ステンドグラス(祭壇中央)

 1880年 英国製
 英国の国花・薔薇のモチーフ
 薔薇円花窓(ローズウィンドウ)3基

 




教会正面アーチ型扉

 1990年頃の製作
 ロンドン郊外の教会から

 







礼拝堂入り口扉

 1870年頃の製作
 ロンドン市内の教会から

 







ヴァージンロード

 旧ユーゴスラビア産出
 純白の大理石 灰白色の大理石

 




家具・ソファー

 イタリア/ジーモ社

 




シャンデリア

 スペイン/ランダ・デルタ

 




絨毯

 英国/アキスミンスター社

 




教会入り口の彫刻

 1956年 彫刻家 木内 克
「うずくまる女」ブロンズ